このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
Romane Bohringer
media

Romane Bohringer

俳優, Director, Screenwriter, あてレコ, オフレコ, Costume designer, Narrator

代表: : Adéquat

エージェント : Laurent Grégoire

    プロフィール

    フランス俳優Richard Bohringerの娘であるRomane Bohringerは、「Kamikaze」で父親と共演しデビュー、当時彼女は未だ若くしてPeter Brook監督の劇、シェークスピアの「La Tempête」劇に参加する。この経験は彼女にとって人生を変える事になり俳優としての希望となる。

    1992年、Cyril Collard監督の「Nuits fauves」で 苦しみのLaura役を演じる。その映画で驚くほど評判を呼び、セザール有望若手女優賞を受賞。彼女は問題を抱えた女性の役を好み、Claude Miller監督の映画 (「L' Accompagnatrice」)では、閉鎖的少女の役や、Martine Dugowson 監督の(「Mina Tannenbaum」)では、内向的画家を演じ、Gilles Mimouni監督の (「L' Appartement」)で精神的アンバランスな女性を演じる。1995年Romane Bohringerは、庶民的人気を元に大きなヨーロッパのプロダクションによるAgnieszka Holland監督「Rimbaud Verlaine」に出演、David Thewlisの妻役で侵襲的な性格を演じる。
    1990年後半、映画から少し離れ芝居に専念し、彼女自身 で役割を厳選する。その後数本の短編映画に内密に参加、2001年「Le Petit Poucet」ファンタジー物語で映画に復活。翌年、彼女の道はBenoît Cohen監督と合流するように、「Nos enfants chéris」、「Qui m'aime me suive」2005年で主役を演じる。野心的な企画にも迷う事無く挑戦する:Luc Jacquet監督の動物ドキュメンタリー「La Marche de l'empereur」で声優、Chantal Richard に同行しアフリカ入りしメランコリックな映画 「Lili et le baobab」に出演、若い監督Djibril Glissantの初長編映画「Eclaireur」でミステリーな女性を演じ映画を支える、父Richard Bohringer監督の映画「C'est beau une ville la nuit」で自分自身の役で出演する。Richard Bohringerは同タイトルでロマン小説を書いている。

    Filmography (54)

    Sorry, your search returned no results.

    Show more

    Show less

    Videos

    ポートレート (24)

    Contact

    To access public contact details in the UniFrance directory, please log in (or register on our website).

    ニュース (3)

    映画祭でのセレクション

    受賞

    セザール賞(フランス映画) - 1993

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1993)

    César Award for Most Promising Actress : 野性の夜に 

    代表団 (2)