このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
トリコロール/赤の愛

トリコロール/赤の愛

A 長編映画 by Krzysztof Kieslowski

Produced by MK2 Films (ex MK2)

Release in France : 14/09/1994

    あらすじ

    バ ランティーヌ(イレーネ・ジャコブ)は、ドーバー海峡の向こうにいる恋人の電話を頼りにモデルの仕事をしながら毎日を送っている。通りを隔てたところには 司法試験を目指しているオーギュスト(ジャン・ピエール・ロリ)が住んでいた。或夜、仕事の帰りに飛び出してきた犬を車でひいてしまったことからひとりの 初老の男、ジョゼフ・ケルヌ(ジャン=ルイ・トランティニャン)に出会う。ジョゼフは、今や盗聴に人生の真実を見いだす退官判事だった。恋人同士、ヘロイ ンの密売者、妻に秘密でホモセクシャルな関係を維持している男たちの会話を聞きながら、彼はバランティーヌの博愛主義を冷たく笑い、彼女の話から彼女の弟 の父親が違うこと、彼が麻薬に溺れていることを言い当てる。しかし盗聴をやめてほしいと懇願するバランティーヌにジョゼフは心を動かされていき、自ら自分 の行ってきたことを法の下に知らしめる。バランティーヌは電話で横暴な態度をとり続ける恋人への愛を疑い始めていた。そして司法試験に合格したが恋人が離 れていってしまったオーギュストも悲しみに暮れていた。バランティーヌは仕事でイギリスに向かう数日前の自分の出演するファッションショーにジョゼフを招 待する。ショーの後、彼女はジョゼフから彼の過去について聞かされる。2人の間には暖かい人間関係が生まれていた。バランティーヌのイギリス行きのフェ リーには、オーギュストも乗っていた。ジョゼフは彼女の旅立った翌朝、フェリーが転覆事故に遭い、バランティーヌンとオーギュストを含めた七人が救出され たことを知るのだった。

    俳優 (14)

    映画製作・配給会社 (5)

    製作代表 :

    MK2 Films (ex MK2)

    Foreign production companies :

    Tor Film Production, RTS - Radio Télévision Suisse , Cab Productions

    フランス国内配給 :

    MKL Distribution

    共同製作 :

    France 3 Cinéma

    Film exports/foreign sales :

    MK2 Films (ex MK2)

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (32)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (19)

    製作代表 :

    Marin Karmitz

    エグゼクティブプロデューサー :

    Yvon Crenn

    フォトディレクター :

    Piotr Sobocinski

    撮影技師アシスタント :

    Muriel Coulin

    報道担当(映画) :

    Eva Simonet

    音声編集担当 :

    Nicolas Naegelen

    スクリプト :

    Geneviève Dufour

    作曲家 :

    Zbigniew Preisner

    Costume designer :

    Corinne Jorry

    スチールマン :

    Piotr Jaxa

    監督補佐 :

    Emmanuel Finkiel

    Screenwriters :

    Krzysztof Kieslowski, Krzysztof Piesiewicz

    Sound recordists :

    Jean-Claude Laureux, Brigitte Taillandier

    製作部長 :

    Gérard Ruey

    編集担当 :

    Jacques Witta

    Assistant editors :

    Aïlo Auguste, Ursula Lesiak

    装飾 :

    Claude Lenoir

    Foley artist :

    Jean-Pierre Lelong

    サウンド・ミキサー :

    William Flageollet

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, ポーランド, スイス

    Original French-language productions :

    はい

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, ポーランド, スイス)

    製作年 :

    1994

    フランス公開 :

    14/09/1994

    上映時間 :

    1 時間 36 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    79.205

    ビザ発行日 :

    04/07/1984

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    Posters (2)

    監督

    ニュース

    映画祭でのセレクション (3)

    オスカー  - 1995

    オスカー  (アメリカ合衆国, 1995)

    Selection (2)

    Nomination for Best Original Screenplay : Krzysztof Kieslowski, Krzysztof Piesiewicz

    Academy Award nomination for Best Director : Krzysztof Kieslowski

    セザール賞(フランス映画) - 1995

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1995)

    Selection (7)

    Best Sound : William Flageollet, Jean-Claude Laureux

    Best Screenplay (Original or Adapted) : Krzysztof Kieslowski, Krzysztof Piesiewicz

    Best Original Music : Zbigniew Preisner

    Best Director : Krzysztof Kieslowski

    Best Film

    Best Actress : Irène Jacob

    Best Actor : Jean-Louis Trintignant

    Cannes International Film Festival - 1994

    Cannes International Film Festival (フランス, 1994)

    Selection

    Official Competition

    受賞 (2)

    French Syndicate of Cinema Critics - 1994

    French Syndicate of Cinema Critics (1994)

    French Syndicate of Cinema Critics Price

    代表団