このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
家庭

家庭

A 長編映画 by François Truffaut

Produced by Les Films du Carrosse, Valoria Films

Release in France : 09/09/1970

    あらすじ

     アントワーヌ・ドワネル(ジャン=ピエール・レオ)は26歳、クリスティーヌ(クロード・ジャド)と結婚し、クリスティーヌの両親(ダニエル・セカルディ、クレール・デュアメル)の援助で楽しく新婚生活を送っている。仕事は花屋で、花の人工着色の研究に取り組んでいるところだ。また彼は妻にも内緒で自伝的小説を書きはじめていた。花屋は研究がうまく行かずに首になるが、運良くアメリカ資本の水力研究所に就職。クリスティーヌが妊娠し、やがて長男が生まれる。クリスティーヌはギランと名付けようとするが、アントワーヌは独断でアルフォンスに決めてしまう。この頃から夫婦でもうまく行かないことが時々起こるようになった。アントワーヌは独断でアルフォンスに決めてしまう。この頃から夫婦でもうまく行かないことが時々起こるようになった。アントワーヌは研究所を見学しにきた日本人社長の娘キョウコ・ヤマダ(松本弘子)に出会い、キョウコは彼に一目惚れ。アントワーヌのちょっとした浮気は彼女が送った花に仕込んだメッセージのせいでクリスティーヌにバレてしまう。最初は両親の手前家庭内別居となるが、ついにアントワーヌは家を出てキョウコのアパートに転がり込む。だが一週間もすると文化の違いや諸々の原因でアントワーヌはすっかり嫌気が差し、子供に会うと言い訳を作ってはクリスティーヌのいる自宅を訪れる。彼女は彼の気持ちを察して今晩は一緒に映画にでもと誘うが、彼は意地を張って断る。彼は売春宿でクリスティーヌの父(正確には義父)とばったり出会う。ある晩クリスティーヌのところに、キョウコと食事中のアントワーヌから電話がかかってきた。彼はもう我慢できない訴える。その後もアントワーヌは料理と料理のあいだに時間があく度に彼女に電話をかけては愚痴をこぼす。キョウコもついに痺れを切らし、日本語で「勝手にしやがれ」と書いたメモを残して去った。一年後、アントワーヌとクリスティーヌはすっかり世間なみに仲の良い夫婦になっていた。

    Source : movie.goo.ne.jp

    Watch 家庭 in VOD

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    PlatformsModelPriceQuality

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    俳優 (34)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Les Films du Carrosse, Valoria Films

    Film exports/foreign sales :

    mk2 films

    Associate producer :

    Fida Cinematografica

    フランス国内配給 :

    Valoria Films

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (3)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日Titre local

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    About

    Bed and Board (French: Domicile Conjugal) is a 1970 French film directed by François Truffaut. It belongs to Truffaut's series of five films about Antoine Doinel, and directly follows Stolen Kisses, showing the married life of Antoine (Jean-Pierre Léaud) and Christine (Claude Jade).

    Source : Wikipedia

    Photos (5)

    クレジットタイトル詳細 (19)

    Assistant directors :

    Suzanne Schiffman, Jean-François Stévenin

    Adaptation :

    Claude de Givray

    Producers :

    Marcel Berbert, François Truffaut

    Screenwriters :

    François Truffaut, Bernard Revon, Claude de Givray

    フォトディレクター :

    Nestor Almendros

    Production managers :

    Claude Miller, Roland Thénot

    Assistant editors :

    Martine Kalfon, Yann Dedet

    装飾 :

    Jean Mandaroux

    美術装飾 :

    Jean Mandaroux

    スチールマン :

    Pierre Zucca

    海外プロデューサー :

    Hercule Mucchielli

    Dialogue Writers :

    François Truffaut, Bernard Revon, Claude de Givray

    Sound recordists :

    René Levert, Jacques Maumont

    あてレコ :

    François Truffaut

    撮影技師 :

    Emmanuel Machuel

    Editor :

    Agnés Guillemot

    スクリプト :

    Christine Pellé

    作曲家 :

    Antoine Duhamel

    Costume designer :

    Françoise Tournafond

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    センチメンタルコメディ

    テーマ :

    カップル

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, イタリア

    Original French-language productions :

    はい

    製作国 :

    100%フランス (フランス, イタリア)

    製作年 :

    1970

    フランス公開 :

    09/09/1970

    上映時間 :

    1 時間 40 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    35872

    ビザ発行日 :

    30/07/1970

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    モノラル

    Posters (6)

    監督