このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
大人は判ってくれない

大人は判ってくれない

A 長編映画 by François Truffaut

Produced by Les films du Carrosse, Societé d'Exploitation et de Distribution de Films (SEDIF)

Release in France : 11/10/1959

  • Contents

俳優 (41)

映画製作・配給会社 (3)

Film exports/foreign sales :

MK2 Films (ex MK2)

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (10)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

大人たちは少年時代を思い出しては、楽しかったという。が、十二歳のアントワーヌ(ジャン・ピエール・レオー)には、毎日がいやなことの連続だ。その日 も、彼は学校で立たされ、宿題を課せられた。が、親子三人暮しのアパートには共かせぎの両親が帰る前に、日課の掃除が待ってい、口やかましい母親と、妻の 顔色をうかがう父親とのあわただしい食事がすむと、そのあと片づけで、宿題をやる暇はなかった。翌朝、登校の途中、親友のルネと出会うと、彼は学校へ行く のをやめ、二人で一日を遊び過した。それはどんなに晴れ晴れとしていたことだろう。が、午後に、街中で、見知らぬ男と母親が抱き合っているのを見た。視線 が合った。その夜、母の帰宅は遅かった。父との言い争いの落ち行く先はアントワーヌのことだ。彼は母の連れ子だった。翌朝、仕方なく登校し、前日の欠席の 理由を教師に追求されたとき、思わず答えた。母が死んだのです。が、前日の欠席を知った両親が現れ、ウソになった。父は彼をなぐり、今夜はなし合おうと いった。その夜、彼は家へ帰らず、ルネの叔父の印刷工場の片隅で朝を迎えた。母は息子の反抗に驚き、学校から彼をつれもどした。風呂に入れて洗ってくれ た。精一杯優しく彼を励ますが彼は心を閉ざしてしまっていた。翌日から平和が戻ってきたように見えた。親子で映画にも行った。が、ある日の作文で、アント ワーヌは尊敬するバルザックの文章を丸写しにし、教師から叱られ、それを弁護したルネが停学になった。彼も、欠席して家を出、ルネの家にかくれ住んだ。金 持の子の、大きな家の一室で、食べものを探しながらの生活は、たいしたアヴァンチュールだった。やがて金に困り、ルネと共に、父の勤める会社のタイプライ ターを盗みだした。が、金にかえることができず、もとに戻しに行った時守衛に捕った。父親は彼を警察へ連れていく。非行少年として少年審判所へ送られた。 護送車の中で初めて涙が出た。母親は少年に面会もせず、判事の鑑別所送りのすすめに応じた。鑑別所で、束縛された毎日のあと、やっと母親が面会にきた。こ こが似合いだよ。母は冷かった。アントワーヌは監視のスキに、脱走した。駈けた。野を越えて。海へ、海へ。初めて見る海は大きかった。見捨てられた彼をゆ るやかに迎えた。彼は浜に立ちつくした。

Source : movie.goo.ne.jp

Videos

20/11/2014

大人は判ってくれない

Trailer (english subtitles)

Photos (9)

クレジットタイトル詳細 (17)

Assistant directors :

Philippe de Broca, Robert Bober, Francis Cognany

せりふ作者 :

Marcel Moussy

シナリオライター :

François Truffaut

フォトディレクター :

Henri Decaë

撮影技師アシスタント :

Alain Levent

Editors :

Marie-Josèphe Yoyotte, Cécile Decugis

装飾 :

Bernard Evein

作曲家 :

Jean Constantin

演出助手 :

Robert Lachenay

Adapters/dialogue writers :

François Truffaut, Marcel Moussy

プロデューサー :

François Truffaut

オフレコ :

Jean-Luc Godard

Sound recordists :

Jean Labussière, Jean-Claude Marchetti

撮影技師 :

Jean Rabier

スクリプト :

Jacqueline Parey

美術アシスタント :

Raymond Le Moigne

スチールマン :

André Dino

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

人生ドラマ

テーマ :

子供時代, 軽犯罪

言語 :

フランス語

Original French-language productions :

はい

製作国 :

100%フランス

製作年 :

1959

フランス公開 :

11/10/1959

上映時間 :

1 時間 33 分

経過状況 :

ニュメロ·デ Visa :

21.414

ビザ発行日 :

16/05/1959

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

白黒

Audio format :

モノラル

Posters (12)

監督

ニュース (2)

映画祭でのセレクション (8)

受賞 (2)

French Syndicate of Cinema Critics - 1959

French Syndicate of Cinema Critics (1959)

French Syndicate of Cinema Critics Price