このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

En savoir plus et gérer ces paramètres[OK]
Jean-Pierre Jeunet
media - © Nicolas Auproux

Jean-Pierre Jeunet

俳優, 監督, 製作代表, Adaptation, プロデューサー, エグゼクティブプロデューサー, シナリオライター, フォトディレクター, プロデューサー, 編集担当, 装飾, アニメーション

代表: : VMA

エージェント : Bertrand de Labbey

    プロフィール

    Jean-Pierre Jeunet は、Marc Caro と共に短編作品を制作し、映画監督としての活動をスタートさせました。 Jeunet & Caro の短編は数々の国際映画祭で表彰されました。また、彼らの初長編作 『デリカテッセン』 (1991年)は、フランスでの観客動員数150万人を記録する大ヒットとなり、その年のセザール賞で新人監督賞と脚本賞を受賞しました。その後も1995年に Jeunet & Caro のコンビで第2作目となる長編 『ロストチルドレン』 を制作。最先端の特殊効果技術が注目を集め、アメリカや日本など世界各国でリリースされる成功作となりました。国際的評価の高まりを受け、ハリウッドへ進出した Jeunet は、1997年に単独で 『エイリアン4~復活~』 を制作します。その後、2000年に活動基盤をフランスに戻し、『アメリ』を制作。アカデミー賞5部門にノミネート、セザール賞4部門を受賞、世界で3000万人の観客を動員する一大ヒットとなりました。主演のオドレイ・トトゥは、セバスチャン・ジャプリゾ原作の小説を映画化した次作 『ロング・エンゲージメント』 でも主演を務めました。2009年には第35回ドーヴィル・アメリカン映画祭で審査委員長を務めた Jean-Pierre Jeunet 。同年、Dany Boon 主演のコメディ 『ミックマック』 を制作しました。今年10月にフランスで公開された最新作 『L'Extravagant Voyage du jeune et prodigieux T.S. Spivet (T.S. スピヴェット君 傑作集)』 は、全編英語で制作されました。著名な科学賞を受賞し、式典に出席するために、アメリカの片田舎からワシントンDCを目指してたったひとり旅に出る天才少年の物語を描きます。世界リリースは2014年に予定されています。

    Companies linked to the person

    Tapioca Films

    Tapioca Films

    活動 : プロデューサー

    Show more

    Show less

    Filmography (16)

    Videos (3)

    01/12/2014

    審査委員長にミシェル・ゴンドリー

    Official Trailer MyFrenchFestival 2015 by Michel Gondry

    01/12/2014

    審査委員長にミシェル・ゴンドリー

    Movie Clip - Selection MyFFF 2015

    19/09/2014

    French films at the San Sebastian Film Festival

    San Sebastian 2014 - Trailer Unifrance

    ポートレート (11)

    Photos

    Contact

    To access public contact details in the UniFrance directory, please log in (or register on our website).

    ニュース (59)

    View all news articles relating to this file

    映画祭でのセレクション (4)

    オスカー  - 2002

    オスカー  (アメリカ合衆国, 2002)

    Selection

    Nomination for Best Original Screenplay : Amelie 

    セザール賞(フランス映画) - 2002

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 2002)

    Selection (2)

    Best Director : Amelie 

    Best Screenplay (Original or Adapted) : Amelie 

    セザール賞(フランス映画) - 1992

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1992)

    Selection

    Best Screenplay (Original or Adapted) : デリカテッセン 

    受賞 (3)

    セザール賞(フランス映画) - 2002

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 2002)

    César Award for Best Director : Amelie 

    Lumiere Awards - 2002

    Lumiere Awards (フランス, 2002)

    賞 (2)

    Meilleur scénario : Amelie 

    Meilleur scénario : Amelie 

    セザール賞(フランス映画) - 1992

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1992)

    César Award for Best Original or Adapted Screenplay : デリカテッセン 

    代表団 (20)